acokikoy's notes

最近気になる=[NoCode, Shopify], I am..=[Python, ウクレレ, マニュアル車, CMS] LoveなWebディレクター

Node.js と yarn のインストールメモ ( macOS Catalina )

過去にいじり回した結果かどこか整合性がとれない node 環境を、いったんきれいにした上で、 node.js (npm), yarn をインストールした時の操作ログ。

経緯

Mac に yarnをインストールしようとしたが、エラーが出てうまく動かなかった。 過去にnode.js だの npm, nodebrew あたりを見よう見まねで入れたり出したりいじり回した影響か、どこか整合性がとれていない様子。 調べて対応するのも効率が悪いので、一度 node.js ごと削除してクリーンインストール?!した。

前準備:環境のお掃除(yarn, node, nodebrew)

前準備として yarn, node, nodebrew などを一旦アンインストール。

% brew uninstall yarn
% brew uninstall node
% brew uninstall nodebrew

~/.zshrc をテキストエディタで開いて

#export PATH=$PATH:$HOME/.nodebrew/current/bin をコメントアウト

node -v で確認したところ、まだnodeが生きてる様子だったので、which node でパスを調べて、該当する nodebrewディレクトリを削除。

rm -rf /usr/local/var/nodebrew

Node.jsのインストール

改めまして、Node.jsをインストール。

  • Node.js 公式サイトに行く。
  • macOS(x64) 推奨版 と書かれた方の インストーラをクリックして、ダウンロード・実行する。

以上。

覚え書き: Nodeインストールと Homebrew や nodebrew との関係など

  • Node.js公式サイトの、 パッケージマネージャを利用した Node.js のインストール | Node.js には、おすすめの方法は、→ 「直接 nodejs.org のサイトから macOS Installer をダウンロードしてください。」 とある。
  • 代替手段として、Homebrew/Macborts/pkgsrc 各パッケージマネージャを利用したインストール方法が紹介されている。

  • ところが、ネット上を検索すると nodebrew を利用するインストール方法ばかりがヒットする。 公式サイトの推奨方法と異なるので、理由を調べた。

  • ドワンゴさんの N予備校 配下にあったNode.js記事 によれば、Node.js は開発が "現在進行中" のため、バージョンが上がると今までの機能が使えなくなることがあるそうだ。Node.jsのバージョン管理ツール nodebrew で管理すれば、複数バージョンを必要に応じて切り替え利用できて良いよ、ということらしい。

  • 自分の場合は、複数プロジェクトが走ることもなく、たまに 味見に使うだけだから、公式サイト推奨のインストーラ方式で十分だと思った。

yarn のインストール

公式サイトをみて Homebrew による方法でインストールした。

% brew install yarn

以上。

まとめ

  • 最新版のnode.js は公式サイトのインストーラで入れる。ターミナル不要。npmは一緒に入る。
  • yarm は Homebrew 軽油で入れる(公式サイト推奨方法)。
  • node.js を複数バージョン切り替えて使いたければ nodebrew というバージョン管理ツールを使う(世の中的には大変流行っている方法)。

参考URL